-

ここは為替市場というものの基本的要因のお話です。為替を簡潔に言うと「人の手でキャッシュの送らないでも資金の受け渡しの目的を遂げるもの」を示します。普段為替相場といえばあらかた国際為替について言い表す人が普通です。国際為替というのは国同士の金銭の取り替えのことを示します。他の国へ旅行(イギリス、中国、ベトナム、アメリカ合衆国)などしていればきっと為替のやり取りの経験があるでしょう。どこかの銀行にて他国の金と換金をするならば、それがまさに外国為替になります。為替市場というのは買う側と売る側の金額を表示したものです。銀行と銀行の取引によって決まってくるものです。その銀行とはマーケットメイカーと呼ばれる指定の銀行であります。為替のレートは周囲の働きかけを受けながらもなお休むことなくリアルタイムに変動します。為替を動かす要素になるのはファンダメンタルズというものが言われます。ファンダメンタルズというのは経済の動き、経済の基礎的条件や様々な要素のことを指すものです。国における経済成長や物価、金融緩和政策、貿易収支、失業者の割合、有力者の一言と言った要因が関わって為替レートは変わって行きます。その中でも国際収支統計や失業者の割合は重要ポイントと言われます。国際収支とは何かと言うと日本のいい方ですと財務省からの指令で中央銀行(日本銀行)外国貿易統計を土台として取りまとめた他の国とのある日数の経済取引を記載したものです。外国取引の収支は行政機関や中央銀行のホームページなどで知ることができます。就職者の統計、失業者の数も重要視される場合が多い要因であると言います。ひときわアメリカの就業者の統計は重要となります。月に一回発表され、リサーチの内容が幅広いことがポイントです。為替の状況は景気の状況を示しています。その国の経済の状況を調査することで為替の変動の先読みができるようになると言う結論です。